紅梅

梅の季節。厳冬に耐えて迎える春の訪れの魁となるのが梅の開花です。中国から渡来した梅は、万葉時代には白梅の白さが愛でられました。平安時代になると艶麗な紅梅が愛でられました。『枕草子』の中で清少納言は、「木の花は、こきもうすきも紅梅」と木々の花の中で第一に紅梅をあげています。

画像は『源氏物語』紅梅の巻よりイメージした作品です。『源氏物語』でも随所にこの時代、紅梅が愛でられていたことが人物の人となりを示すものとして表現されています。玉鬘の巻では、源氏が紫の上のために正月の晴れ着として選んだのが、紅梅襲(かさね)の彩りです。紅梅の巻で匂宮が贈られた紅梅を賞賛したのは、紫の上を想起させます。紅梅をこよなく愛した紫の上を偲び、花色に込めました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村