「花短冊 黒百合」

kuroyuri-a

“Kamchatka lily”
高山に咲く花。
茶花としても活けられる花です。
黒百合は小さな黒褐色で深みのある色の花の存在感と深山の風情を漂わせる気品のある花と思います。
和紙の染色を活かし独特の花色を表してみました。
短冊掛けは竹の掛軸と合わせています。
花は実物の黒百合とほぼ同じ大きさです。
(短冊:36.4×6cm)


「花短冊 黒百合」」への2件のフィードバック

  1. michigon

    はじめまして。michigonと申します。
    あしあと辿ってきました。
    ちらっと拝見させていただきましたが、
    作品ももちろん素敵ですが、撮影もお上手ですね。
    光のあて方など工夫されているのが感じられます。

  2. ymatsu

    michigonさん
    はじめまして。
    ありがとうございます。
    伝えたいことが画像として表せたらよ
    いなと試行錯誤しています。
    立体の作品では気配が感じられるよう
    になれたら、そう思っています。
    季節感を作品の画像を通して楽しんで
    いただけましたら幸いです。
    これからもよろしくお願いします。

コメントは停止中です。