「花色紙 花菖蒲」09

shoubu-whi

“Hana-Shikishi Iris ensata”
梅雨の季節、水気を含んでしっとりと咲く姿が似合います。
花菖蒲はつぼみから開花までの一刻一刻と変化する過程も楽しみな花です。
開ききった花と開ききる前の姿を色紙に収めました。
(12×13.5cm)
 


「花色紙 花菖蒲」09」への6件のフィードバック

  1. NEO

    こんばんは。
    菖蒲もきれいですね。白い菖蒲ですね。
    純白のいいですね。
    和紙で作っているのに、立体的なのが不思議な感じがして、また、楽しめます。季節の風物ですね。
    背後の金箔色も高級感があっていいと思います。
    平安時代の絵巻物から飛び出してきたような感覚ですね。 おしゃれでいいと思います。

  2. スウ

    こんばんは。
    お花は蕾から咲ききるまで、
    様々な表情を見せてくれますよね。
    2つのお花を退避させることによって
    その成長ぶりを窺い知ることができるようで、
    素敵な作品だなっておもいました(^-^*
    やわらかな花弁はすべてを包み込んでくれそうな
    優しさにあふれていますね♪

  3. ymatsu

    NEOさん
    ありがとうございます。
    平面の一枚の紙から立体に起こしていきます。
    花菖蒲のようにひだや曲線をリアルなものと
    同じようにごく自然に入れることができるのが、
    和紙の利点です。
    この作品は実物と同じくらいのスケールで花を
    立体的に作っています。
    開き始める瞬間の優美さを出すとしたら、純白
    の花色のものが伝わりやすいように思います。

  4. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    花にはそれぞれの魅力がありますが、その花
    らしさをどこに感じるかを考えます。
    制約のある画面のなかで、その花らしさを
    伝えていけたらよいなと思っています。
    白い花色は梅雨空の下でも明るく映えますね。
    穏やかな印象でもあります。
    開ききった花の柔らかさとふくらんだつぼみ
    が抱え咲きの姿からはらりと開こうとすると
    ころと合わせてみました。

  5. 瑠奈

    菖蒲といえば一般に紫系ですが白いのもいいですね
     わたしは白い花はなんでも好きです(^。^)
    これくらい花を大きく表現したところがさすがです

  6. ymatsu

    瑠奈さん
    ありがとうございます
    紫の花色のなかに白い花色のものがあると
    お互いに引き立てあいますね
    白い花色は気品を感じます
    画像ではわかりにくいのですが、花びらに
    は皺加工のある和紙で実物の質感に近い
    雰囲気のものを選びました
    花菖蒲や杜若は扇面によく映える花でもあり、
    描きがいがあります

コメントは停止中です。