6 thoughts on “「花色紙 すみれ」

  1. 宮島

    こちらのブログでは、早、春満開ですね~(^^)
    目の覚めるような紫!
    紙で本物そっくりの色、形が作れることに毎回驚いてしまいます。
    レンガ色?でしょうか、色紙の色との調和も素敵です。

  2. ymatsu

    宮島さん
    ありがとうござます。
    すみれの花色を一枚の和紙の染色で表わし
    てみました。
    濃い紫から薄紫と一枚の紙の中でも濃淡が
    はっきりしています。
    そうしたところを活かしてメリハリをつけ
    ました。
    色紙は檜皮色を使ってます。
    茶系統の日本の伝統色ですが、赤味のある
    ところはモダンで洋のデザインにも合うと
    思います。
    春の息吹を伝える土を檜皮色で表わしてみ
    ました。

  3. hana

    つぼみの様子などもよく表現されてますね!
    幼稚園のとき、「すみれ組」だったので、
    すみれ、好きでした。
    主役ではないけれど、その純粋さや、
    ひたむきさがいいですよね。

  4. ymatsu

    hanaさん
    ありがとうございます。
    すみれは好きな花ですので、思い入れがあります。
    小さくて目立たない花ですが、古から多くの人に
    愛されてきたのもひたむきさに惹かれるからなの
    でしょう。
    すみれは実物と同じ大きさで色紙に収められるため、
    野に咲く風情を立体的に表現できます。
    つぼみの向き方ひとつで花を活かせます。

  5. マロニエのこみち・・・。

    こんにちは
    最近出回っている匂いスミレのような西洋種もいいですが
    私も一番好きなのは、やはりこの野に咲くスミレ・・
    実家の前に棚になった田んぼがあって、棚の壁面は石積みで、石の影から毎年決まってこの野スミレが健気に咲く姿をみて過ごしました
    庭の鉢に数年前から飛んできた種で自生した野スミレが育ち、先日もようやく葉っぱが現れたところです
    なかなか花が増えませんが、この素朴な姿を見ると、いとおしい気持ちが溢れてきます
    葉も蕾も再現されていて素晴らしいです

  6. ymatsu

    マロニエのこみち・・・。さん
    ありがとうございます。
    すみれは子どもころから好きでした。
    すみれは家でも少しばかりですが育てています。
    株分けしたりこぼれ種で自然に広がるのに任せて
    います。
    花がつくようになるとよいですね。
    桜と紅葉と対となる春の野の草と秋の野の草。
    一輪、一枝を観賞する花、野にある風情を愉しむ花と
    それぞれに良さがあると思います。
    春草も江戸の琳派ではよく描かれました。
    華やかな桜や紅葉と素朴な野の花のいずれも愛で
    てきた日本の良さを表わしてみたいです。

コメントは停止中です。