「2010年 京洛老舗の会 池袋」

shidare-sakura-10-2-s

『第38回 京洛老舗の会 』

(主催:京洛老舗会 後援:京都市 協賛:京都市観光協会)
東武百貨店 池袋店 10階催事場 (1・2番地)
森田和紙:倭紙の店 ( http://www.wagami.jp/) にて
3月18日(木)~3月23日(火) 午前10時~午後8時
(最終日は午後5時にて閉場)
折り紙講習もございます。
(10時15分頃から18時まで受付。休憩でお待ちいただくことがございます。)
桜を中心に四季の花色紙を用意しております。
画像は枝垂桜の花色紙です。
前回の白を扇面にした柔らかな雰囲気の枝垂桜よりも濃い目の花色のものを入れています。
黒を背景に夜桜をイメージしました。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


2 thoughts on “「2010年 京洛老舗の会 池袋」

  1. shion

    先日は、船橋での京洛老舗の会に伺うこと
    ができて、ymatsuさんの素晴らしい和紙の
    創作の世界を実際に拝見でき、嬉しく思い
    ました。たくさんの人たちが出入りする
    中、お話を交えながら、贅沢にも和紙を
    使ってのお雛様の折り方も教えてくださり、
    ありがとうございました!
    こちらの枝重桜の花色紙もとても素敵
    ですね。淡いピンクの色合いが、なんとも
    心と目に優しく語りかけてくるようです。

  2. ymatsu

    shionさん
    コメントいただきありがとうござます。
    また、先日は京洛老舗の会にご来場いただき
    ありがとうございました。
    和紙は手で触れてみることでその良さを感じ
    ていただけると思います。
    朝早くから混雑してお待たせしましたが、
    講習を受けていただけてうれしかったです。
    講習を楽しみにしていただけるのは励みに
    なっております。
    春の京都展では桜の花色紙を主役に四季のも
    のを見ていただいています。
    桜の表現でも一重や八重、花色の濃淡、葉
    の色の変化、背景の取り合わせ方によって
    趣が異なるところもご覧いただけてよかった
    です。
    これから、桜の季節。
    一重の桜もブログで紹介してまいりますので
    愉しんでいただけましたら幸いです。

コメントは停止中です。