「藤と花入れ」

fuj-hana-10-s

“Wisteria wrapped in washi paper”

和紙の花と花入れによるシリーズ。
藤の花房の長さは15センチほど。
花入れには重みを感じる紫の江戸千代紙を使い花とのバランスをとりました。
背景にはかな料紙を使っています。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


7 thoughts on “「藤と花入れ」

  1. kepee

    桜が終ったら、藤ですね。
    ymatsuさんの作品は、可愛らしくって大好きです。
    ここ最近、寒い日が続いたので忘れていましたが、
    毎年5月には、亀戸天神も満開ですものね。
    私達、下町育ちだから、もしかしたら
    同じ藤を見ているかもしれませんね。(笑)

  2. ymatsu

    Kepeeさん
    ありがとうございます。
    温かなメッセージをいただけてうれしいです。
    例年でしたら藤もそろそろ咲き始めますが今年
    はどうでしょう?
    気温の変化が激しくて、芽吹いたばかりの植物
    にとっても厳しいことでしょう。
    今年は上野に牡丹を見に行きたいと思ってます。
    亀戸天神は江戸から藤の名所でしたね。
    このあとの作品でも紹介しますが、藤の図柄の
    千代紙には江戸の粋・華を感じます。
    早く天候が穏やかになって温かな日が続いて欲し
    いですね!

  3. ijin7wth2

    今日は。
    背景のフジの影。金色と交差して綺麗です。
    何時もながら、素晴らしい作。

  4. ijin7wth2

    今日は。
    背景の藤の影が金色と交差して、これが創作かと思います。
    何時もながら素敵な作品!

  5. ymatsu

    ijin7wth2さん
    ありがとうございます。
    創作意欲が湧きました。
    優雅さと新緑の季節らしい生命感溢れる藤。
    初夏の明るく爽やかな印象、華やかさと勢
    いを伝えたいと画像の表現を考えました。
    ijin7wth2さんの仰るとおり、紙の金色を
    活かして立体感や藤の華やかさ、生命感を
    引き出しました。
    影が活かせたようでよかったです。

  6. スウ

    こんばんは。
    藤のお花の形、可愛いですね(*^_^*)
    茎の先の方の曲線から、蕾のお花にかけてのラインが好きです。
    ブルー系の色と白色のバランスも絶妙で、素敵でした♪

  7. ymatsu

    スウさん
    ありがとうございます。
    爽やかな季節らしさを伝えたと背景
    や同系色の花入れを合わせました。
    藤の描く曲線が生み出す趣を愉しん
    でいただけてうれしいです。
    緩やかな曲線は藤の花を情緒豊かに
    みせてくれます。
    ほんの一房でも存在感があり、季節
    を伝えてくれるところに藤の魅力を
    感じます。

コメントは停止中です。