秋の七草に寄せて「花野」

aki-nanakus-10-s

” Autumn field”

万葉集を代表する歌人、山上憶良が秋の七草を詠んで以来七種の花は秋の七草として愛でられてきました。
秋草への想いは七種の花に託して象徴されてきました。
秋の草花が咲き乱れる野を花野といいます。
萩・薄・葛・をみなえし・なでしこ・藤袴・桔梗の七種の花によって花野を表わしました。
豆(寸松庵)サイズの色紙で秋の七草を鑑賞できるものをと思い、今回の展示会に向けて制作したものです。
安定感のある色紙立てを合わせました。
(色紙:12×13.5cm)
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

初秋を彩るクラフトフェア 
日本橋三越本店 本館7階 8/14~8/18

秋の七草に寄せて「花野」」への4件のフィードバック

  1. 宮島

    すてき!!!
    「花野」という表現も大好きです。
    桔梗の花と蕾、萩は紅白両方・・・
    なんと贅沢な!横からも見たいです。
    本当に毎日毎日、素敵すぎる作品がこれでもかと登場し、
    見せていただけて、幸せです(*^^*)
    本当に、展示会初日に行けないのが残念でなりません~(TT)

  2. vasenoir

    お忙しくされていますね。
    この暑さ。。お体に気をつけて
    それにしても
    贅沢な作品ですね
    1つの作品で7つも楽しめる。。。
    きっと大人気の作品になりますよ!!

  3. ymatsu

    宮島さん
    ありがとうございます。
    「花野」という言葉には古の人々の秋草への想い
    が凝縮されているように思われます。
    優しい言葉の響きも素敵ですね!
    萩・葛・オミナエシ・藤袴といずれも細かい花が
    多く、制作時間を要しています。
    こうした企画展のタイミングに巡りあったことで、
    作品としてまとめることがきました。
    「月見の宴」という作品で数年ぶりに色紙立てに
    飾ることを前提に思い描いたイメージを立体で
    表わすことに手応えを感じ、七草の色紙の発想に
    たどり着きました。
    制作期間が短く、まだ制作中で準備が十分とはい
    えませんが初秋らしい作品を用意しておりますので
    よろしく願い致します!

  4. ymatsu

    vasenoirさん
    ありがとうございます。
    コメント、励みになり、力が湧きました!
    この作品はなかなか実現できなかったことがようやく
    タイミングがあって形にできた作品ですのでうれしいです。
    秋の七草はそれぞれによい花ですが、7種まとま
    ると「花野」という言葉の響きとおりの世界が広
    がりますね。
    月見の企画で色紙立てが使える目途がたち、秋の七草の
    企画を実現することできました。
    色紙立ても簡易なものが多くなっているようです。
    細やかな花が多くて時間が掛かる作品ですが、会期まで数日
    ありますので頑張ってみます。

コメントは停止中です。