カテゴリー別アーカイブ: 四季彩花(盆栽):arrangement/bonsai

熊谷草

熊谷草

一の谷の合戦で平敦盛を討ち取った源氏の武将、熊谷直実に由来する名を持つ春の山野草。花と葉の形状に合わせて選択した和紙素材の特質を生かし、高さ10cmほどの大きさに表しました。

春を愛でる ” 熊谷草 ”
”Japanese Cypripedium”

「雛の季節を待ちながら・・・」
2019年 1月30日 (水)~ 2月4日 (月) 10:00~19:00
 (最終日18:00終了)
日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


杜若

四季の草花をミニチュアサイズに表したシリーズの一作。端午の節句に向けた紫の花色と伸びやかな葉が印象的なカキツバタ。 カキツバタの花色と葉の風情を1.5cm角の鉢に合わせ、和紙によって縮小して表しました。高さは、鉢を含めて7cmほどの大きさです。

~春を愛でる~ ”杜若”
” Iris ”

「 雛の季節を待ちながら・・・ 」
2019年 1月30日 (水) ~2月4日(月)
日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ


にほんブログ村



黒牡丹

豊麗な色と香りを持つ牡丹。 大輪では直径20cmほどになる牡丹の花を直径8cmほどに縮小しました。 古木から立ち伸びた枝が直立し、枝先に大輪の花を咲かせる姿は気品があります。深みのある暗赤色の花を柔らかな質感の和紙の色合いを生かし、波打つような花びらの表情を出しました。 作品の高さは、13cmほどの大きさです。


~春を愛でる~ ”黒牡丹”
“Peony” 
「 雛の季節を待ちながら・・・ 」
2019年 1月30日 (水) ~2月4日(月)
 日本橋三越 新館8階 ギャラリーアミューズ



春の野辺を飾るスミレ。日本には人里、森、高山、海辺などそれぞれの生育地に適合した多種多彩なスミレをみることができます。スミレ科のなかでも陽当たりの良い野原や道端など身近にみられる、小さいながらも紫の花色が目を引く可憐なスミレ。また、スミレの種類によって葉の形が異なるところに多彩な個性を窺えます。

花色が印象的なスミレを赤みのある紫の和紙の染色と柔らかな質感を生かして表しました。高さは、7cmほどの大きさです。

~春を愛でる~ ”菫”
”Viola mandshurica”
「 雛の季節を待ちながら・・・ 」
2019年 1月30日 (水) ~2月4日(月)
 日本橋三越 新館8階 ギャラリーアミューズ


立坪菫

淡紫色の花色で辺りを明るく彩るタチツボスミレ。花の直径は2cmほどで、ハート形(心形)の葉が愛らしいスミレです。優しい色合いの花色を薄紫のグラデーションの和紙と白色の和紙を生かし、実物大に表しました。作品の高さは、9cmほどの大きさです。

~春を愛でる~ ”立坪菫”
”Viola grypoceras”
「 雛の季節を待ちながら・・・ 」
2019年 1月30日 (水) ~2月4日(月)
 日本橋三越 新館8階 ギャラリーアミューズ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

にほんブログ村