「秋日no.2」

syujitu2-s

“Autumn tree no.2”
晩秋の風物詩である、柿の実を描いたものです。
以前、掛け軸との取り合わせで見ていただきました。
作品のみでもう一度掲載いたしました。
(12×13.5cm)


「秋日no.2」」への6件のフィードバック

  1. eno

    柿が美味しい季節ですね。
    我が家でもいただきものの柿を毎日食べています。
    (´・ω・`)ノENOKI

  2. ymatsu

    enoさん
    ありがとうございます。
    柿は日本の晩秋を彩る風景には欠かせないものですね。
    柿の季節が終わってしまう前に作品本体の画像を作り直し、掲載してみました。

  3. hirono

    おいしそうです。
    一目見てそう思いました。
    柿の葉もまさに本物のようですごく良い感じです。
    秋らしい素敵な作品ですね。

  4. 豆奴

    わー可愛い(^_^)
    柿も葉っぱもあっちこっち向いていて、生命力を感じますね。
    飾ってると、葉に虫食いができたり、
    実が熟して落ちたりしそうな気がします(笑)
    おばあちゃん家にある大きな柿の木を思い出しました。
    周りの風景もイメージできるような臨場感がありますね♪

  5. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    おいしそうに見えてくれてよかったです。
    柿の葉に使った和紙は同じ一枚で描いています。
    一枚の和紙の染まり方に濃淡や色の変化があります。
    この和紙の色合いを活かしたくて、柿を描いてみたくなりました。

  6. ymatsu

    豆奴さん
    ありがとうございます。
    葉を立体的に動きを出してみました。
    全体は平面ですが、和紙の柔らかさが自然な丸みを出してくれたように思います。
    柿の木のある風景にはほっと和む温かさがありますね。
    そんな穏やかな秋の気配を感じていただけてうれしく思います。

コメントは停止中です。