「花雛」

2011-hinaten-s

“Flower doll”

れんげ草と菜の花を雛に見立てた花雛。
人形が「にんぎょう」と呼ばれるようになった中世以前(「ひとがた」と呼ばれていました)より、人の形を紙や草で象って難を祓う形代(かたしろ)として人形が使われてきました。
そのひとつに花を形代にした花雛があります。
素朴な野の花を飾って季節を祝っていただく趣向のお雛様です。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

「和紙の雛つどい展」
2011年1月26日(水)~2月1日(火)
日本橋三越本店 新館8階 ギャラリーアミューズ

「花雛」」への2件のフィードバック

  1. hana

    ymatsuさん
    ご無沙汰しています。
    お花のお雛様も可愛いけれど、
    ↓「駿河町越後屋」、クールでかっこいいですね!
    細かい手作業、いつもながら、
    ただただ、感心しております。

  2. ymatsu

    hanaさん
    ありがとうごさいます。
    ご無沙汰しております。
    「駿河町越後屋」は大阪での企画でしたが、
    次回の展示会の行われる会場に所縁のものであ
    りますのでこの機会に和紙人形の世界を知って
    いただきたいと紹介いたしました。
    こうした企画に出会えるのは希なことで、機会
    に出会えなければこうした立体作品は生まれま
    せんでした。
    作品の元になった絵に描かれている情報から作り
    あげていくのも面白いものです。

コメントは停止中です。