蓮華草

春の長閑さを伝えるレンゲソウ。繊細な構造の花と躍動感のある小さな葉は、明るくほのぼのとした懐かしさを感じさせてくれます。花径を2cm程に縮小し、数種類の和紙の取り合わせによって春の野辺の情景を表しました。作品の高さは、台を含めて7cmです。

“Chinese milk vetch”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


岩根絞椿

iwane-sibori-16

濃紅地に白斑が入った華やかな八重咲きの岩根絞(いわねしぼり)椿。
岩に根付き優美な花を末永く咲かせ続けて欲しいと託された名に現れているとおり、紅白の対比の鮮やかな花は常緑の葉のなかに浮かび上がり、凛とした中に春の華やぎと豊かさを感じます。
春の到来を告げる、岩根絞椿の持つ風情ある花びらを花径5cmほどに縮小して和紙で表し、陶器にあしらいました。

Camellia japonica “Iwane Shibori”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


重陽

cyoyou-16

健康と長寿を願う菊の節句、9月9日の「重陽」の節句に向けた趣向のものです。重陽の節句の前夜、菊に赤、白、黄の三色に色分けされた綿を着せ、翌日に露と菊の香が移った綿で体を清めた行事に因み、赤、白、黄の小菊を寄せました。
三色の小菊を和紙の色合いと紙素材の切り口による線を生かし、花の直径を1~2cmほど、高さを12cmほどに縮小して表しました。

” Chrysanthemum Festival ”

~五節句をめぐる花遊び~
「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


五節句をめぐる花遊び

bokuhan-16-1

2017年の「和紙のつどい・雛展」では雛の作品をはじめとして、季節の節目を祝う五節句をめぐる植物をテーマに展開いたします。
季節の節目を祝うを五節句では、上巳の節句の華やぎ、端午の節句の凛々しさなど、それぞれの節句の季節を象徴してきた植物に心を託し、願いを込めてきました。季節の移ろいを伝える植物は、暮らしに彩りと潤いを与えてくれます。

雛を飾り始める季節に ~五節句をめぐる花遊び~ と題し、リアルな大きさからミニチュアまで和紙素材の持ち味を生かし、小さな空間で季節を愉しめる作品を御覧に入れたいと思っております。

画像の作品は、1月7日の尽日の節句に向けたしつらいとして、新春の寿ぎを卜伴(ぼくはん)椿と花包みに込めたものです。
日本の在来植物として松や竹とともに不老長寿や永続性など瑞祥を象徴するものとして尊ばれてきた椿。花文化が栄えた江戸時代、新発見や品種改良によって多彩な咲き方、花色の椿が現れました。そのひとつに江戸初期には存在し、今に伝わる春咲きの卜伴(ぼくはん)椿があります。関西では、月光(がっこう)椿と呼ばれています。

濃紅色の花色と小さな花びらのように変化した雄蕊(ゆうずい)の対比が鮮やかな唐子咲きの卜伴椿を花径4.5㎝ほどに縮小して表しました。椿を飾った花包みは、吉祥の図柄の友禅和紙を組み合わせ、立体的に折り上げました。

Camellia Japonica ”Bokuhan”

「和紙のつどい・雛展」
2017年2月2日(木)~2月8日(水)
東急本店6階 家具売場 特設スペース
協力:お茶の水 おりがみ会館 

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


太郎冠者椿

taroukajya-16

青みのある桃色の花色が優美な太郎冠者(たろうかじゃ)椿。関西では、有楽(うらく)と呼ばれる侘助品種群を代表する古典椿です。雄しべの先の、花粉が入った葯(やく)と呼ばれる袋が退化した繊細な雄蕊(ゆうずい)は、花の表情を優しく可憐に引き立てます。
花が開いても慎ましい印象の太郎冠者椿を柔らかなグラデーションの和紙の色合いと風合いによって表し、竹の花器にあしらいました。

Camellia wabisuke ”Tarokaja”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


絞妙蓮寺椿

myorennji-sibori-16

朱紅色の一重の妙蓮寺(みょれんじ)椿に白斑の入る絞妙蓮寺椿。妙蓮寺椿につきましては、以下の記事を参照ください。( 2016/11/27 http://washicraft.com/archives/11856 )
絞妙蓮寺椿は、尾張椿の古典名花である紅妙蓮寺椿の枝変わりのものです。

花底が丸みのある椀咲きの柔らかさと朱紅色に入る白斑が映えて優美な印象です。また雄蕊の形が輪になった輪芯の繊細さも穏やかな花容を引き立てます。数種類の和紙の取り合わせによって花の風情を表し、扇子にあしらいました。

”Camellia Japonica Shibori Myorenji”

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村