「椿の花入れ no.3」

tubaki-hana-3-s

” Camellia wrapped in washi paper no.3 ”
一重の椿を花入れと合わせました。

厳しい寒さの中、また雪の中「和紙の雛つどい展」にご来場いただきありがとうございました。
講習に多くの方にご参加いただき、和紙の質感を楽しんでいただけたことをうれしく思っております。
また要望をお寄せいただき、感謝しております。
ご期待に応えられるよう、励んで参りますので今後とも宜しくお願い申し上げます。


6 thoughts on “「椿の花入れ no.3」

  1. kakeru

    濃緑の葉から赤いつぼみが見える季節ですね。
    灰色の寒空にも負けず、
    安堵するような暖かい椿の紅色がとても素敵です。
    花芯もまるで和菓子のような繊細さ。
    優しさの中に凛とした強さを感じました。

  2. hirono

    とても素敵な作品ですね。
    なんだかとっても暖かです。
    「和紙の雛つどい展」ご盛況だったんですね。
    参加した方々にとってきっと素敵な時間だったんでしょうね。

  3. ymatsu

    kakeruさん
    ありがとうございます。
    一重の椿の端整で簡素な雰囲気を表わしてみました。
    椿は花芯も端整に見せるには重要と思います。
    2つの和紙を組み合わせています。
    椿の紅色を選ぶのは難しいですが、温和な雰囲気にしたい
    と思い、優しい色合いを選びました。
    暖かさが伝わってよかったです。

  4. ymatsu

    hironoさん
    ありがとうございます。
    椿は花も美しいですが、濃緑の葉もきれいですね。
    穏やかな紅色、暖かに見えてよかったです。
    「和紙の雛つどい展」、雪や強風など悪条件の中で無事成功して
    肩の荷がおりました。
    この催事は案内状、会場のレイアウトの企画から作品制作まで
    長い期間をかけて準備してきました。
    5人の作家が協力し合って成り立つ企画であるのも良いところと
    思っています。
    2度、3度来場される方もおられ、楽しい会になってよかったです。

  5. mojizurisou

    何度見てもこの椿いいですね。喫茶ギャラリー展の課題に写真なしで「椿」を入れましたのでどうぞころあいを見て載せてください。他にも有りましたら
    何枚あってもかまいません。kitaさん 和美さんのお許しで出しました。臨時オフ会?になるのかもしれません。

  6. ymatsu

    mojizurisouさん
    お知らせいただき、ありがとうございます。
    ネット展ではお世話になるばかりで感謝しております。
    早速、喫茶ギャラリーの方に投稿して参りました。
    mojizurisouさんの椿の作品、花への想いが伝わって
    きました。
    菜の花と椿の取り合わせ、よかったです。
    皆さんから多数の投稿いただき、いろいろな椿をみられるとよいですね。

コメントは停止中です。