植物と文学:Plant in the literature」カテゴリーアーカイブ

萩に蜩

人もがな 見せも聞かせも 萩の花 咲く夕かげの ひぐらしの声(千載和歌集:和泉式部)
Hito mo gana mise mo kikase mo hagi no hana saku yufukage no higurashi
no koe (Senzaiwakashū: Izumisikibu)

秋を伝える萩の花、そしてひぐらしの声に寄せる想いを詠まれた一首。平安中期に紫式部と同時代に活躍した女流歌人、和泉式部の一首です。

一首は『千載和歌集』の秋上部に撰集されています。『千載和歌集』は平安末期、後白河院から撰進の命を受けた藤原俊成(ふじわらのとしなり)が撰者となりました。和泉式部は藤原俊成をはじめ、源俊頼・崇徳院など、当代の歌人に並んで入集歌数が多く、 この勅撰集を代表する歌人の一人となっています。萩とひぐらしを詠んだ一首には、抒情を重んじた俊成の志向が窺えます。

夕暮れ、たおやかな枝に可憐に咲く萩の花、そして心に響くひぐらしの声が醸し出す秋の情趣を誰かと分かち合いたいという思いを歌いあげ、感動が真直ぐに伝わってきます。

しみじみとした秋の佇まい、感銘が心に沁みる一首を書で表しました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

杉木立

白雲は 夕べの山に おり乱れ なかば消えゆく 峰の杉むら (玉葉和歌集:伏見院)
Shirakumo ha yufube no yama ni ori midare nakaba kieyuku mine no sugi mura
(Gyokuyouwakashū:fushimi no in)

『杉』と題して詠まれた一首。白雲が立ち上る峰々に立つ杉木立を暮色の中で捉えた京極派の代表歌人、伏見院の御歌です。『新古今和歌集』以後、目新しさを見い出せなくなっていった歌壇に新風を興したのが、藤原定家の曾孫にあたる京極為兼が中心となった京極派と呼ばれる流れです。

伏見院の院宣によって京極為兼が撰定した『玉葉和歌集』の中で、伏見院の一首は雑部に撰集されています。暮れ方、薄明の静けさの中、立ち昇る雲、乱れかかる雲の動きを捉えたところに京極派らしい歌風が表れています。また、「杉」を題としたところに伏見院の新たな歌境を拓こうとした京極派としての志向が表れています。生きた自然の風景を純粋に感受され、新味のある清新な歌風で鮮やかに詠まれています。

夕暮れの光線の微妙な色調の変化の中で眺めることで、谷間から立ち昇る白雲が漂う中、杉の林が濃淡でぼかされ、深遠な風景が広がります。刻一刻と変化していく夕暮れ、折り乱れる白雲の動きによって、天に向かい真直ぐに立つ杉の荘厳さが心に深く留まります。広やかで清澄な風趣を伝える一首を書で表しました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村

容花

高円(たかまど)の野辺の容花(かほばな)面影に 見えつつ 妹(いも)は
忘れかねつも ( 万葉集:大伴家持 )
Takamado no nobe no kaho bana omokage ni mietsutsu imo ha
wasure kanetsumo( Manyoushū:Ōtomo no yakamochi )

奈良の平城京の郊外、高円山の麓に広がる野辺に咲く容花(かおばな)。その花に想いを寄せる女性の面影を重ね、詠まれた一首。

万葉の時代、長閑で美しい高円山とその山麓は、貴族たちが風流な野遊びを愉しむ清遊の地として歌によく詠まれました。家持の一首は、高円の緑に覆われた風雅な美しい風景の中に浮かび上がる、容花の清楚で愛らしい姿が際立ってみえます。一首に詠まれた容花は定説のとおり、優しく涼やかな佇まいの昼顔が相応しく思います。

高円の野辺で慎ましく咲く、昼顔の花に寄せた一首を書で表しました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村


天照る月

花散りし 庭の木の葉も 茂りあひて 天照る月の 影ぞまれなる (新古今和歌集:曾禰好忠)
Hana chiri shi niha no konoha mo sigeri ahite amateru tsuki no kage zo mare naru
(Shinkokini Wakashū:Sone no Yoshitada)

新緑の季節の月を詠んだ一首。桜の花が散った後、枝一面に新葉が広がり、天地を照らす月の光は僅かにしか差し込まない初夏の樹木の勢いが伝わってきます。

『新古今和歌集』夏歌に撰集された一首を詠んだ曾禰好忠(そね の よしただ)は、平安中期の歌人として既成概念にとらわれず、万葉の詞を用いたり、清新な感覚と着想で歌を詠みました。

好忠の一首に詠まれた「天照る月」という詞は、以下の歌に示すように『万葉集』にみられる詞です。

久方の 天照る月の 隠りなれば 何になそへて 妹を偲はむ( 巻11:作者未詳 )
久方の 天照る月は 神代にか 出てかへるらむ 年は経につつ ( 巻7:作者未詳 )

『新古今和歌集』では、和歌の伝統に新たな風を興そうとして『万葉集』を拠り所しているように、好忠の一首は万葉の詞を取り込みつつ、新味のある視点で夏の月を詠んだところに着目され、撰集されたと思われます。

万葉の詞の荘厳な響き、力強さによって樹木の生命力を一層引き立てる一首を書で表しました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村